South Ghetto vol.2

北海道からDJ O-NO 大阪からDJ SOOMAを迎えた第二回目のSouth Ghetto。箱は年一ペースで自分も世話になってる博多のホーム Transform。

会えて嬉しい面子で創る夜。今回からJuicyOneとレジデントとして加わる事になりました。

Q-ILL&ELIAS / Broken Words。とことん付き合わせてもらいます。

先ずは今週末。みんなも二日酔いの準備ばっちりでよろしくです I&I

 

義音響流

 

3月に門司港のHouse Of Steelで開催されたイベント。そのタイミングでオーナーのJuicyOneの兄貴 円と話す機会があって。

円はミュージシャンでグラフィティライター。お互い顔も名前も知ってるけど、ゆっくり話すのはこの時が初めてで。

その日の円は子連れでね。父親っぷりの合間、並べた材木の切れ端にタギング。その風景がすげー良くて。とある日、閃くようにその場面を思い出し円にオファーの連絡。

義音響流(ギオンコウル)

義を通す音 世に響す。円の考えてくれたオリジナルの四字熟語。義には「利欲にとらわれず なすべき事をなす」という意味があるそう。

金ではない。そんな絵空事じゃなく物事の順番ですね。大切にするものの。五常あって金を生む。俺自身の理想でもあります。

義を通し描いてくれた円の言葉。おかげで床の間も気持ちもさらに引き締まりました。ちなみに円は坊さんでもあるんで毎日これに手を合わせます。

感謝 I&I

写真 2017-05-11 18 45 47

 

today

「最近の若者は先人たちをリスペクトしない」

もちろん個々の意見にも深く共感はありますが 個人的にはごく自然な事だと思います。自分もスタートした92年から96年辺りまで新譜以外を買う事はほとんど無かったし。

進んでいるようで廻り。廻っているいるようで進む。これが時代の流れのような気がします。

自分自身が生きる「今」という時代。これを深く追求し真に理解する作業が過去、そして未来へと繋げていくのではと。あくまでこれは自分の経験ですが。

いやいや細さと首輪と帽子。90年代にこれを観た時は ただただ度肝を抜かれギャグでしかなかった。

でも今は、サウンドやリリック。ライフスタイルそのものにも影響され学んでます。新しいものに対してもそう。

時代は繋がってる I&I

today

帰国帰省ツアーの合間、わざわざ訪ねてくれたDJ KAMEとMELOW JOE。

二人にはGM MICKさんという自分も尊敬する親分がいるんだけど、20年来 変わらず俺にも義を通してくれます。本当にわざわざです。

二人の地元の連れも含めた二人の関係性。

会えるのも今は多くて年一くらいだけどね。こうして顔を合わせると、皆勢いだけの懐かしい時代。漠然だけど大切にしてたもの。

大丈夫。まだちゃんと在る。そう思わせてくれます。

俺の気性もまだまだ年甲斐なく、不義理はとことん追い込んだりするんだけどね。義には義。必ず返せるよう精進していきます。

会えないみんなもそう。なにより健康、そして楽しんで。再会を今から楽しみにしてます I&I

today

802 mixshow on 1st saturday

GW真っ只中。先ずは先月までのアーカイブを旅やレジャー、仕事後の憩いのBGMにどうぞ。

2017も1/3を終え5月。

今月のmixshowはPIPEMAN、YU IWANAGA、そして自分。三者三様ナイスなミックスでお贈りします。二人も忙しい中での制作と完成度には本当に感謝です。

手前味噌な話をすると、いつもよりインスト多め。リリックに関しては無意識にLifeをテーマにした曲が多くなりました。レギュラーパーティのようにゆったり、リラックスして自分の好みをさらけ出してます。

アップロードは今週末。過去分も含め、皆さんのタイミングでチョイスし楽しんでもらえると嬉しいです。

Enjoy I&I

today

今年は初の一曲の年。

もちろん長年の連れたちとの約束も同時進行ですが 器用さは人並みなのでひとつひとつの順番を優先しながら、待ったり待ってもらったりを確実に形に。

皆が次の動きを始める時期。これも不思議と重なるもので、今年も無事、順調に、程よく追われてます。才能溢れる中、自分を選んでくれた事に感謝しながら。

俺たちの一番の契約書は酒の席での口約束 湧き約束。ある意味いいかげんで酔い朧気な 「いつか」というその言葉は、勘ぐり無しの付き合いの中で義として果たされてきました。

誰にも花が咲く日までは決められませんが、その時は必ず来るというやつです。

先ずはリリースが決定したこのアルバム「BUPPON/LIFE」。

Print

湧き約束から約二年。

一曲単位の長い行程を経てここ。その道のりの話は抜きに素晴らしいアルバムになってます。

自分も一曲参加してるんで、すでに完成盤を聴かせてもらってますが 鳴りも含めて新しいBUPPON。あげられまくりました。

DJのひとりとして先ずは現場でプレイしていきます。

リリースは6月!

Enjoy I&I