today

花の便りは梅から木瓜へ。2月も終わり、いつも通りRock Arrowsから始める3月。

今回3/5のインディゴはStupid Kozo、そしてLeeを迎えます。

俺みたいな常識人とは違ってだいぶ変わり者だけどね。二人の素直に音楽を楽しむ姿は本当に素晴らしいと思います。

ナイスな夜の予感、皆さんもぜひ足を運んでいただけると上がります。

そしてそして、

前置きもなくショートフィルムを一本アップしてます。

大きなテーマで演出したものじゃなく普段の週末。それを友人であり、尊敬する映像屋に切り取ってもらいました。

音もその時、たまたま車内で聴かせてもらった曲をサンプリング。何気ない日常に色合いみたいなものを感じてもらえると嬉しいです。

小倉も寒の戻り。

まだまだ肌寒い日が続くと思いますが、週末へ向け会えないみんなも身体に気をつけて温かい日をお過ごしください。

I&I

広告

today

変わったと言うやつもいれば、変わらんねと言ってくれるやつもいる。

不思議な話だけど俺流に言わせてもらえば、日々変わらず新しい事にトライしてます。

昨夜は17年ぶりに訪ねてくれた友人とほど好い深酒。

10年ひと昔、あと数年でふた昔。

今じゃ家庭を持ち、出張帰りのスーツケース。あいつがね。

思い出話に始まり、それからとこれからの話が肴。バカなのは相変わらずでさ。

そう思うとね、変わったって言葉も変わらんって言葉も何故かしっくりくるんです。

I&I

today

ホームセンターで買ってきた木瓜(ボケ)の木。

ずいぶん昔、パクられてる間に友人が贈ってくれた植木を枯らした事があってね。

贈った本人も忘れてそうなくらい昔の事なんだけど、それがなんとなく心残りでさ。

理由ってのを言い訳にしてるけど、きっとそれが無くても枯らしてたんじゃってね。

俺の婆ちゃんは綺麗に花を咲かせる人だった。

誰に褒められるわけでもないのに雨の日も風の日も雪の日も休まず手入れしてさ。

花の事は分からないけど、きっとそういう事なんだろうね。大切なのは。

喩えるなら見栄えばっかで根のない造花を飾るような世の中。

咲かせるのは自分の為。咲かせるのはしっかり生きてる人。

今日の小倉は冬日和でした。

木瓜が咲く頃には暖かくなるね。

それまでみんなも風邪なんかに気をつけて良い1日を。

I&I

today

SAGGAの新しいアルバムすげー良いよ。

完成前から友人たちと話してました。

 

彼がNYに居た頃から作品を聴き、

帰国後に出逢い、

共に成長しながらすでに11年が経ちます。

初対面でうちに1週間泊まるという荒技。

そんな常識のない人は初めてだったけど、その時間がバカみたいに楽しすぎてね。

彼の友人なら分かる、それがSAGGAの人柄。あの時の見送りは本当に寂しかった(笑)

ただ、曲を作るにはそれだけじゃ足りない。

お互いに。

俺はラッパー、そしてアーティストのSAGGAを心から尊敬してます。

 

2016.4.13 いよいよリリース。

自分も一曲参加してます。

SAGGA/BE THE CHANGE

I&I

写真 2016-02-19 23 48 19

today

信号待ちの停車中。

助手席側を無理にバイクが通った瞬間「ガリガリ」っとエグい音。

素通りのバイクを追いかけた先の交差点の真ん中。

車から降り、まぁまぁの勢いで詰め寄ると「MAKINOさん?」

まさか知り合い、しかも濡れ衣。

本当にすみません。

今日は優しい曲を聴きながら1日反省します。

I&I

today

陶器の色。

そもそも陶器は窯で10数時間。長いものは数日をかけて焚き上げる。

その温度は優に1000℃を超えます。

色の基本は釉薬という薬品。

ただ、なにより大切なのは火加減。

絵の具を塗るのとは違い、窯内での置き場所や天候に至るまで。

その日の条件ですべてが変わり、全く同じ色は出ないと教わりました。

そうして焼きあがる陶器の色を「景色」と呼ぶそうで、俺はこの言葉がすげー好きです。

先生はこの事、良い色(景色)が出る事を「火のおかげ」って言ってね。

こんな粋な言葉を60を超える大先輩にサラッと言われちゃうとさ。

俺も人生の半分を音楽になんつっていい気になってたけどね。

道を歩むという点において俺なんかまだまだガキだと。そう感じる事を嬉しく思います。

先日、46になりましたが先はまだ長いっすね。

I&I