today

802。

7桁になる前の小倉北区の郵便番号。

これもスケーターの話になるけど、初めて出逢ったこの街のスケーター。古臭い言いまわしだけど一匹狼ってやつでね。彼はライターもやってました。

「802 Home」

これがまた、らしいというか描いてる場所も渋くてね。このTAGに出逢うのも街の楽しみ方のひとつでした。

レペゼンなんつー大袈裟なもんじゃなく、ここがホームっていうただただ当たり前の事。

あの頃(今でも)レーベルとかクルーって発想は1ミリもなかった。俺にはこれが、お前には何がある。そういうやつと喧嘩腰に作り上げてくってのが演り方でした。

ラッパー、ダンサー、ライター、スケーター、そしてDJ。

その頃作ったミックステープ。TAGから頂戴したタイトルが802flava。いつからから自然に。俺たちより先に周りが俺たちの事をそう呼んでくれるようになりました。

これは今日この日、毎年してる話です。

八月二日は802の日。

ダジャレみたいなもんで、とくに何かを祝うわけでもなく。四半世紀変わらぬ自分の演り方と新しい今日を一杯の酒で労う日。良い日です。

最後にあの時代、あの日のサントラを I&I

広告

投稿者:

INGENIOUS DJ MAKINO

DJ,BEAT MAKER,PRODUCER