today

集中してると時が経つのを忘れるでしょ。

一年なんて 本当にあっという間ですね。

今年も海は立ち寄る程度でしたが良い夏だった I&I

広告

today

埼玉から訪ねてくれた吉田健二 a.k.a 金勝山。

YOUNG CHILDが繋げてくれアルバムへ参加する事になりました。その経緯はね、気分が乗った時に酒の席で。

友達としか演らないという自分の口癖。これは馴合いではないんですね。金しか残らない相手と演っても意味がないと思ってて。

健二は初の北九州。そして俺たちにとって初の再会。よく知る人にとっては、いつもの俺。いつもの北九州。あれです。

そして、あっという間の時間に残ったもの。

それは、また逢おう。また演ろうという次の約束。

これが俺にとっての友達。

アルバムに収録される俺たち初の一曲。すげー良い曲なんでリリースしたらみんなも是非 I&I

IMG_0734

today

Whipping Postオープニング初日を終えた帰りの車内。

「俺は基本DJを認めてないんです。良いと思ったのは今夜が二度目です」

この夜を共にしたギタリストがくれた言葉にあげられつつ一度目は?と聞くと、そのDJは下関のILLSONG。間違いない。さらにあげられました。

認めない。その理由も含め幾度となく聞いてきたし、それもまたひとつの継続する力となってます。

振り返ればバンド中心のブッキングでのDJは場繋ぎのBGM、RAPも合間の余興。そんな時代もあり。ライブ演ってる最中に次のバンドが音出し始めるなんてのは珍しい事ではなく。その都度キレる自分もバカらしくなり。俺が演ってる最中に音出したらその場で頭カチ割ると、前もって主催者や次のバンドに伝えた事も。

ただ、そういう感情まかせの勢いより大切な事もこの25年の間に学びました。

試される時間。認めない理由を承知した上での本番。卑屈にヘラつきチャラけるのも、ただイラつき噛みつくのも、何年やってるかなんてのも意味ないんですね。キャリアやプロフィールも所詮は過去。上からでも下からでもなく。今すべてを真正面から。大切なのはこれでした。今回もそう。

与えられた短い時間ですべてを伝えるのは不可能ですが、未完成な自分もひっくるめて、その人の音楽観。つまり生き方に重ねられる瞬間が自分の音楽にあると思ってます。それは夜が明けてくようにアウェイがホームに変わってく瞬間に必ず繋がると。少なくとも今まで交わしてきた乾杯の数だけは確かに。

WhippingPostオープニング湧かせてもらいました。そして、その音に人生を垣間見るような出演者たちのライブにも湧き。力と課題をもらい。ステージでの気迫が一変する穏やかで賑やかな打ち上げでの乾杯。今まででいちばんの夜。本当に楽しい夜でした。

何より芽出度いの一言に尽きます。音も店もばっちり仕上がりましたね。またこの場所で湧きましょう。心からの感謝を込めてこれからもよろしくです I&I

写真 2017-09-02 20 58 07