Biography

INGENIOUS-DJ-MAKINO.jpg

北九州を拠点に活動するHipHop Dj、Beat Maker。

(アルファベット順)

北九州小倉。現実として暴力が裏を取り仕切る街で、ヒップホップが根付くのは必然だ。

この世の底じゃ、ただのラブソングなんかではとても酔えない時がある。ただ、ただ暴力に憧れたり、煽ったり、勝ち誇ったりするヒップホップはビギナー。違うんだよ。ヒップホップの神髄ってのはその先にあるんだよ。暴力 じゃどうにもならねえ。それじゃ手に入らねえ。それどころか失ってしまう。気付くのが少し遅くてもう2度とやり直せねえ。たった独りになった時に初めて解る。

そんな哀切を代弁するような音楽。そんな忍苦を笑いや優しさにまで昇華させる音楽。そんな痛みを痛みとしてごまかさねえで人生の教訓として心身に刻み 付けておく音楽。周りに流されて満タンになって溢れ出しそうな、全てをぶっ壊してしまいそうな鬱屈をギリギリで踏みとどめてくれる音楽。そしてまだ終わっ てねえって最後にケツ蹴り上げてくれる音楽っていったら、ヒップホップしかねえ。そう改めて俺に教えてくれたのがINGENIOUS DJ MAKINOという男と、彼の言葉と、彼の組み上げる音だった。
-tha BOSS-

北九州小倉。この土地の名を耳にすると真っ先に浮かんでくるのがこの人。初めて対峙した時の温かさ、柔らかさ、それとは対極にあるはずの緊張感。過去に類を見ない雰囲気を纏った人だった。

「舐められず愛される」

そんな言葉がハマるマッキンさんという人間の音楽には 一本太い筋が通っている。そのシンプルで強い言葉や音にいつも大切な本質を教えられます。そして誰よりも無邪気に笑えるこの人に俺も含めみんな憧れてるように思える。しかもその憧れに俺たちは胸を張れるんだ 笑 そう思わせてくれる人は中々いない。居合いのような瞬発的な抜き差し。説得力のある選曲。ブースで時折見せる哀しげな表情。弔いにも似た空間。魅せられます。本物を惹き付けてやまない本物。それがINGENIOUS DJ MAKINO。
-BUPPON-

「FAMILY」って言葉は簡単に使わないようにしてる。マッキンさんと出会った時、俺はXXXLのパーカー着てる目つきの悪いクソガキだったと思う。人の事を信じてなかったし疑りまくってた。でも、そんな状態の自分(もちろん完全に無名)をリスペクトしてくれて本当に嬉しかった。この人とは長い付き合いをしたいし、そうなるかもとその時に感じた。

それから8年間。東京、小倉をお互い行き来し全力で遊び、一緒に全力で曲を作ってきた。気付いたら一緒に過ごした最高の思い出、最高の曲たちという二つの宝物を手にしてた。この人は、俺がどんなに叩かれても、落ちてる時でも、信じて疑わないでいてくれた。だからこそ今の自分が在る。だから、もしマッキンさんがどんなに孤独の中で闘う事になっても、1対99になってしまうような場面が来ても、俺は迷わずこの人を信じます。俺の数少ない「FAMILY」だから。そしてそれがマッキンさんだから i&i
-EGO-

ストリートで頭角を表し放ち続ける存在感。夜な夜な小倉の街に響く彼のプレイはいつも俺のsoulを刺激する。LIFEから獲た感情を音で表現し、発信される作品の数々は彼そのもの。彼を感じるには語るより聴く方が早い。
-EIKI-

Peace,Respect and Love。この言葉の本当の意味を音とLifeで教えてくれた人。楽譜には載らない彼の生き様はgrooveによって描かれ今日の奇跡を呼び起こす。両の手に抱かれ たindigo blueの闇とやわらかな光は、beatとなって人々の歩みをstepさせる。生まれ変わっても、彼と彼の音楽に出逢いたい。
-Emi Itou-

北九州、埼玉。距離は遠いが何故かこの男を近くに感じてる。なんとなく育った街が似ているのか?好きな女のタイプが似ているのか?きっとそれは彼の作り出 す世界観だろう。安心できる。ビート上で解り合える。ただそれだけで俺達には十分だ。この貴重な出会いに感謝。 また最高の仲間に会うために今日もI gotta go!そう思わせてくれる男。
-FUKK-

TRUTH IS DEEP。北九州小倉から響く藍色の音は殺伐としたLIFEを照らす灯火のようにこの街に住むハングリーな魂を揺さぶり明日へと走らす。単なる光と闇で言 い表せない繊細で時に破壊的に紡ぐ幾多のLIFE STORY。彼との出会いはいつもbeatの上で。凍えそうなsoulを暖めてくれる802 DEEP MUSICに感謝。ONE LOVE。
-ISH-ONE-

Beat。それこそが彼。 誰もが抱える闇。彼だけの闇。不運、哀しみ、淋しさ、喜び、愛。家族や仲間の苦しみ。様々な感情がMIXされ生み出されるBeat。唯一無二。大袈裟じゃなく世界レベル。音を愛し続ける事で音に愛される男。
-KK-

1人の部屋でこの人の音を聴きながら歌詞を描いてる時間はもの凄く長く感じる。ステージの上でその曲をLIVEする時は愛おしくもすぐに終わってしまう。
俺にとっては”人生を一生懸命に生きていると神様からのご褒美で出会わせてもらえる。”そんな人です。友達でいられるってだけで俺の自慢になる数少ない先輩。
-迷子-

出逢いにでっかい感謝。いつも温かい優しさにあふれるHUG。バーボン片手に一緒に笑い、真直ぐな気持ちを話し、過去、未来へと湧く最高の仲間。人の内からの込み上がりを止めない音は今日も俺のスケートと一緒に街を流す。
-OGU-

長袖に隠す経験の重量感、音にさらけ出す苦悩で濾過された中毒者。上げた頭が下がりません。ゆとり世代が騒ぐ世上へのコンプレッサー。一本の細針から伝わるIndigo Prophecy。
-SAGGA-

大人と子供が自由を求め対立する島、ネバーランド。キャプテンフック亡き今、争う事を止め皆が新たな時代のリーダーを求めた。そしていつしか時は経ち、迷い子達は時の声を上げ大人になる事を決意した。運命に争う事なく全て受け入れて生きて行こうと。性別・年齢関係なく故キャプテンフックの旗の元に集まった仲間達、時に海賊の様に勇ましく、時に家族の様に皆に深い愛を与える。

それが自分が知っている802FLAVA。

ネバーランドと言っても過言ではない街、小倉が生んだ802FLAVAは、黒いグルーヴの海賊船に乗り込んだ船員達の物語。そこに皆が求めた新たな時代のリーダー、厳しくもあり、優しくもあり、真摯な一面を見せつつも底抜けにやんちゃで破天荒な漢、それが船長ことINGENIOUS DJ MAKINO。

それでも彼はきっと「俺からしたら、皆がリーダー」そう言うと思う。自分もそんな彼の言葉に感銘を受け、人生の大海原に航海に出た海賊の1人。今夜も月の照らす海のどこかで酒を傾けながら船乗りの歌を奏で続けているに違いない。I&I
-YOU-SEE-