today

久々に再会した幼なじみのお袋さん。

子供の頃 おばちゃんには、しこたま怒られ可愛がられ世話になりました。集まるバカなガキどもを本当に分けへだてなく。

その昔 おばちゃんはキャバレー大使館という店をやってたそうで。

キャバレーといっても アホが乳を揉みまくる現代のそれとは違い、そこはジャズの演奏家がプレイする昭和のナイトクラブ。

ある夜、その大使館に一人のピアノ弾きが面接へ。

演奏前にドリンクを出すと、その若いピアノ弾きはスッとポケットからハンカチを取り出し 滴でピアノ濡れないようにグラスを置いたそう。

「その姿を見て演奏も聴かずに契約したの」「それがマッキンのお父さんよ」と懐かしそうに おばちゃんは語ってくれました。

二人の粋なやり取り。

これは俺にとってはひとつのドラマです。

音楽に対する姿勢を二人に教わりました。

感謝です I&I

写真 2018-05-28 12 50 44

広告

today

母の好きな曲。

知ってるのは後にも先にもこの一曲だけ。

生む事、育てる事。

俺は親じゃないから想像もつかないけど。

人生を与えてくれた事。

心から感謝です I&I

today

写真 2018-04-18 23 50 39

差入れの本に貼られた購読許可証は平成10年。ちょうどGANG STARRのMoment Of Truthがリリースされた時でした。

最後の逮捕から20年が経ち。それまでの軌跡を辿れば これはまさに奇跡で。

中での事、そこに至るまでの経緯。過去にも話してきたけど、その小話自体は自分自身にとっても重要な事ではなくて。

この5/20から8日後、所外に立った日本晴れのあの日。

バカみたいな話、目を閉じゆっくりと風を感じました。

これは俺だけの感覚ではあるけど 今日のすべてが新しい。そう感じるようになりました。あの瞬間を境に。もちろん今日、この見慣れた景色も。

と言っても まだまだ自分も成長の途中。一昨年も宇宙レベルのアホをパンチングボールのように殴り散らかしたので20年まったくの無傷ではないんですが。

日々、

新しい今日がやってくるように、

アホも新しいやつが必ず現れるんです I&I

today

うちの桜は八重咲で開花はソメイヨシノが終わる時期。

ちょうど皆が花見を終えた頃で 今年も散りゆく姿を静かに眺める贅沢。

スピーカーから耳を解放するつかの間の時間の花。

思い出す人。安らかに。

I&I

today

つい最近、SUMICO PLUEに「ピアノのサンプリング多いですね」と言われたのを思い出し考えてました。確かに。

単純に楽器として好きだというのもあるけど影響だと思います。ピアニストだった親父の。

子供の頃、親のヘソクリをパクろうとタンスをあさってると引き出しから楽譜の束が。その書きかけの楽譜に言葉にならない高揚感を覚えました。

すっかり本来のミッションを忘れ、読めない楽譜をしばらく眺めた事は今でもはっきりと記憶に残ってます。

一緒の時間も短く、とくに何かを教わったわけでもないけど。だからこその影響。憧れや尊敬というより神聖なもの。音楽そのものが。

子供の頃の話は、ここでは書けない事がほとんどだけど。未来より過去の時間が多くなった今。ジャズを演ってた頃の親父の歳をとっくに超えた今だからこそ。

音楽への気持ちにより深みが増します I&I

today

正確には昨日。

友達の命日。

よく遊んでた頃は皆若くてバカだったけど彼女だけは無邪気。子供っぽいって事ではなく邪気のない純粋な人でした。

親友の彼女として出会い、二人は夫婦になって、親になり。機会は少なくなっても偶然会えると嬉しい。会ってなくても時々ふとあの頃を振り返って感謝する。俺の中でそういう友達でした。

最後に会った時も偶然だったから 一年と一日経った今日も また偶然どこかで会えそうな なんかこう 実感がないというのが正直な気持ちです。

悲しみが癒えるにはとても長い時間が必要。俺自身の経験からではなく、家族を失った人を間近で見てきたこの数年間で知りました。

もう一年ではなく、まだ一年。きっと彼女の家族にとっても。

ない頭で考えてみても気の利いた言葉は見つかりませんが。

I&I

today

もうすぐ友達の命日。

これ書きながら気づいたけど命の日と書くんですね。

そして 時が解決しない事も在ると知る。もう21年。

その子が吸ってたのがハイライト。

俺がタバコを変えない理由です I&I