today

陶器の色。

そもそも陶器は窯で10数時間。長いものは数日をかけて焚き上げる。

その温度は優に1000℃を超えます。

色の基本は釉薬という薬品。

ただ、なにより大切なのは火加減。

絵の具を塗るのとは違い、窯内での置き場所や天候に至るまで。

その日の条件ですべてが変わり、全く同じ色は出ないと教わりました。

そうして焼きあがる陶器の色を「景色」と呼ぶそうで、俺はこの言葉がすげー好きです。

先生はこの事、良い色(景色)が出る事を「火のおかげ」って言ってね。

こんな粋な言葉を60を超える大先輩にサラッと言われちゃうとさ。

俺も人生の半分を音楽になんつっていい気になってたけどね。

道を歩むという点において俺なんかまだまだガキだと。そう感じる事を嬉しく思います。

先日、46になりましたが先はまだ長いっすね。

I&I

today

世界がDilla Weekendに湧く2月。

昨夜のラストはこの曲。

2月のINDIGO、ゆっくりしたスタートでした。

オープン前にショットで景気付け。こういうのも久々。

打ち合わせる事なく上げてくあのノリ。

不思議とね。伝わっていきます。

約束なしの再会に上がってる姿。

夜の長いこの季節に見る朝日。

みんなの遊び方、みんなのプレイ。最高でした。

2016、引き続きよろしくお願いいたします。

#感謝 I&I

today

2月もここから始めます。

タイトルもStreet Indigoからさり気なくINDIGOへ。

週末は冷え込むとの事。

皆さん暖かなお洒落でよろしくです。

いつも通りリラックスして待ってます。

会えないみんなも良い週末を。

I&I

cropped-indigo2016.jpg

today

去年の今日は制作の真っ只中。秋へ向け深い時間を過ごしてました。

その時間を誰かが褒めてくれるわけじゃない。そもそも時間そのものに形はないしね。

ただ、極尽は必ず自分自身に返ってくる。逆もまたしかり。これは俺の中での確信です。

目に映らないもの、形のないもの。例えば時間。

時間が力を生み、その力が引き寄せ導いてく。続きへとね。

あれから一年後の今日、さらに深い時間を過ごしてます。

I&I