today

一番感動的だったのは、「恋は愚かというけれど」のプレイバックを聴いていた時だろう。

彼女の目からは涙が溢れていた。

アルバム制作終了後、私はコントロール室内に入って全テイクを聴いた。

私は彼女の唄いぶりには満足できなかったことを認めねばならないが、感情を込めてではなく、音楽的にしか聴いていなかったのだろう。

彼女の唄いぶりが本当はどんなに素晴らしいものかが解らなかった。数週間後ファイナル・ミックスを聴くまでは。

(Wikipediaから抜粋)

ちょうど一年前に読んだビリーホリデイのWikiは小説のようだった。

HIPHOPはノリ、DJは躍らせてなんぼ。

それも音楽の大切な要素だけど、それだけではないと俺は思ってます。

I&I

広告

today

以前ミックスにも収録したYUNAの新曲。

なんとなくこのコラボを予感してました。

I&I

today

先週末はINDIGO。

いつも通り、そして新たな一夜を重ねました。

集う皆さんへ、ささやかな感謝を添えておかげさま。毎回この言葉に尽きます。本当にありがとうございます。

小倉も少しずつ春らしくなってきました。

今すぐにでも聴かせたい。その気持ちを抑えながら制作も順調に進んでます。

話は変わりますが、

先日聞かれた「いちばん好きなアーティストは?」という、もっとも難しい質問へのアンサーにこの一曲を。

I&I

today

#throwback

90年代アルバムやシングルのほとんどを買いましたが、その中でも好きな曲。

ビートに関しては同シングルに収録されたMe Or The Papesもそう。

その手法もさることながら、一曲を隅々まで聴かなきゃ拾えないDJ PREMIERのサンプリングには音楽への愛を感じます。

アナログであっても、デジタルであっても、情報を追うだけじゃオリジナルは生まれないと俺は思ってます。

レコードやCDを垂れ流してる時に偶然出会うフレーズ。あの感動も含めてThrowback。

I&I