today

松江。

今までにない空気を持つ街でした。振り返ってみれば これだけ大きな湖のある街に滞在するのが初めてで。

その街で生まれた音楽を聴きイメージして向かう。でも実際に足を運ぶと遥かに大きいですね。人の器、音楽、文化も。宍道湖を見て「あれはさすがに海やろ」って40&GUTTERと車中で話してたもんね。

一泊くらいで何が解る?ってのも確かだけど、観光とは違ってその土地の人と深く関わる。マップにはない街の歩き方。文化と歴史を教わりながらね。行きと帰りでは街の見え方も変わります。

中国自動車道から国道54号抜けて√9。

遠くから足を運ぶのは俺たちだけじゃないよね。一夜は集うすべての人の心意気で成り立ってます。本当に最高の夜でした。ありがとうございます。しばらく地元北九州のみんなは俺の松江シックに付き合ってもらう事になると思います。

今回、松江を代表してこの時間を造ってくれたDJ 舟。再会するみんなの地元でのプレイ。殿町のスタジオで聴く符和の音。出逢いは格別でした。これからも引き続きよろしくお願いします。

そういえば

「松江の冬は深いんで、10月だからってなめない方がいい」って以前住んでたWATERに聞いてたんだけど、着いたら符和は普通にサンダル。恥ずかしくて言えなかったけど実はヒートテックの靴下、無駄な冬支度でした(笑)

まあ言っても冬もすぐそこ。みんなも風邪とかに気をつけて。次の再会まで元気でね。

I&I

FANFARE

秋麗の候、少しずつ空は澄み雲が遠くなってきたね。今月末は、DJ 舟の主催 FANFARE。場所は島根県松江 @Nu。

松江といえば符和の音。舟を紹介してくれたのも符和。出逢ってからこの日を待ってました。湖の街。あの音が生まれる街。

このパーティもそう。湧きすぎた舟がダイブして救急車で運ばれた伝説のパーティ。病院送りになる高さから飛べる夜。そういうノリ、俺は大好きです(笑)

40&GUTTERとのロングドライブ&ライブも楽しみです。

今回のフライヤーは、描生作なんだけど なんていうのかな。出演者の表記に優劣なく皆で一夜を造るって感じがしてあがりました。

実際、このフライヤーを観て、11月オファーくれた友人にお願いしたくらい。いちキャストとしてクレジットしてほしいってね。

スペシャルゲストは、その夜に貴重な時間を割いて集ってくれる人たち。みんなを音と言葉で持て成すのが俺たちの役目だと思ってます。

NUで松江のみんなを待ってます。

湧きましょう I&I

Ashbury Night / 符和

1424

8/18(sat) at HIVE は松江から符和を迎える一夜。アルバム「湖ノ街」のリリースツアーです。

符和と会うのは去年の11月ぶり二度目。音やプレイも初めましてを感じさせない自然な人柄そのもの。今回も本当に楽しみにしてます。

地元 北九州のメンツもナイス顔ぶれですね。HIVEでプレイできるのも久々だし、みんなと朝まで湧けるように俺もばっちり準備していきます。

遊びましょ Enjoy I&I

湖ノ街

DdiW5FbUwAAZxGL.jpg-large

一足先に聴かせてもらった松江のビートメイカー”符和”のNew Album「湖ノ街」が 7/18にリリース。

音に情景が映る。そういう音を作れる人って少ないと思うんです。良い音作る人には良い書き手が集うんですね。やっぱり。

中でも、語られるその一場面を俺自身も知ってるBUPPONとの曲がグッときました。本当に良いアルバムです。皆さんも是非。

湖ノ街

5月、6月と音優先でDJをキャンセルしてますが 7月からプレイも再開。8月は符和のリリースツアーにも出演する予定です。

この二ヶ月 プレイしたいのを震えながら我慢してキャンセルしてるので、爆湧きしようと思っております。

遊びましょ #Enjoy I&I