today

ここんとこスタジオから帰って来る音に連日驚かされてます。

かなり雑な説明するとレコーディング→ミキシング→マスタリング→プレス。これが音楽制作の流れになります。

big turtle STUDIOS

今回、吉田健二のアルバム REAL McCOYのマスタリングをYASU2000が担当との事で。

サンレコのmabanua インタビューでリニューアルしたスタジオの様子も掲載されてましたが、ここのスタジオエンジニアのYASU2000とは本当に長い付き合いです。

YASUのサウンドに関しては 自宅スタジオの頃から信頼は絶大ですが、体感するのはかなり久々。

今回 健二のアルバムに収録されたタイトル曲のビートに加え、二曲他のボーカルミキシングにもトライさせてもらう事になり。そんなこんなで、いつもとは違う視点からも仕上がりを楽しみにしてました。

やはり間違いなかった。

細かいことは割愛ですが、マスタリングの重要性。改めてそれを感じる仕事でした。

良い音。

単純明快にあがります I&I

 

広告